看護師の採用で重視される一般常識問題

看護師として医療に関わっていくことを考えると病院を志望するのが一般的です。その採用においては書類審査を受けた後に試験を受けることになることが多く、筆記試験を経て面接試験を行うことで合否が決定されます。筆記試験の際に問われるのは専門知識が最も重視されてきましたが、国家試験を受けて看護師資格を持っている人にとってはそれほど難しいものではありません。そのため、専門知識に関する試験は、実際に現場で必要とされる知識があるかどうかを確認する程度のものとして扱われています。

その一方近年、専門知識と平行して課されるようになったのが一般常識問題であり、非常に重視視されるようになっています。医療現場では看護師として専門知識が重要であると考えるのは当然ですが、一般常識問題では現場で発生している専門的な部分以外での様々な問題を解決することを目的としています。サービス精神が重要視されるようになり、それを反映する状況として看護師の社会的なマナーの有無も重要視されるようになってきたのです。サービスの向上を目指す上では看護師の常識レベルの向上が不可欠であり、その一例として採用の時点から知識レベルで社会マナーが身についているかどうかを問われるようになったのです。

このように医療もサービスの一つとして捉えられることが一般化している現在、その状況に病院側が対応していくための一策として一般常識を重視していることを知っておくことは大切です。採用試験を受ける際には、そのような状況があることをしっかりと留意しておくことが必要でしょう。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です