医療現場におけるモンスター化の問題

近年モンスター化の問題は学校における事例が話題になっており、新聞記事などにもよく掲載されるほどになりました。教師に対する敬意の念を欠いてしまっている生徒の両親が、モンスターペアレンツ化して教師を脅かしている問題は様々なメディアでも取り上げられています。このようなモンスター化の問題は学校だけでなく、現在医療現場でも問題となっています。患者がモンスター化してモンスターペイシェントとなっており、看護師を困らせるといった事態が増えてきているのです。常識が欠如してしまっている患者が苦情を訴えるというケースが最も多い事例ではあるものの、医療現場の場合はそれが本当に常識の欠如からなのか、もしくは病気によって起こってしまったものか判断がつきにくいといった問題もあります。そのため、現場での対応が困難になっているのが現状となっているのです。

また、患者のモンスター化は苦情を訴えるだけでなく暴力を伴ってしまうこともあり、力の弱い女性の看護師がその被害に遭ってしまう事態もしばしば起こっているようです。医療現場ではその対応にも困惑しており、専門の警備員を雇うなど様々な対策を練るところも大病院を中心に徐々に増えてきているのが現状です。

患者のモンスター化の影響は慢性的な人材不足が続いてきている医療業界にとっては大きな痛手となっており、現場環境を少しでも改善するため病院側からの早急且つ積極的な改善策が必要となっています。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です